SDGsの取り組みについて

SDGs

持続可能な開発目標(SDGs)とは

持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。

17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。 SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。

参照:
https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/index.html

SDGsへの取り組みが日本SDGs協会に認定

日本SDGs協会に認定

サンリストでは、SDGsの17の目標のうち、3つの目標に向けた取り組みが「日本SDGs協会」に認定されています。

サンリストのSDGsの取り組み

太陽光発電システムの普及を通して、
地球環境に貢献

地球環境に貢献

二酸化炭素を排出しない「クリーンなエネルギー」を供給できるよう、太陽光発電システムの普及拡大に努めています。

太陽光発電システムの普及拡大

平等で働きがいのある環境作りを整備

平等で働きがいのある環境作りを整備

サンリストでは、性別、年齢、職歴、などの多様な属性や価値、発想を尊重し、取り入れることで、環境の変化に対応し、会社と従業員が成長できる環境づくりを推進しています。

ご相談・お問い合わせ

0120-969-837

営業時間:10:00〜20:00
(年末年始除く)